稚内について

2010年初夏、JR稚内駅前に開業する複合商業施設内において、そのメインコンテンツとなるシネマコンプレックスとしてオープンいたします。
3つのスクリーンに総座席数は250を誇り、ハイクオリティなSONY社製4K SXRDを搭載したデジタルシネマプロジェクターや、 デジタル上映システム「Real D 3Dデジタルシネマ」にも対応する最新鋭の機材を導入します。
映画館としての機能はもちろん、映像を通した地域の人たちのコミュニケーションスペースとしての役割も担っています。



会社概要

[会社名]
最北シネマ株式会社
[設 立]
平成21年8月18日
[本社所在地]
北海道稚内市港5丁目5番15号
[代表取締役]
藤田 幸洋・高橋 一平
[特別顧問]
品田 雄吉
1930年 北海道留萌管内遠別町生まれ。北海道大学文学部卒。
『キネマ旬報』『映画旬刊』『映画評論』の編集に携わり、フリーに転向後は新聞、雑誌、テレビなどで幅広く映画評論活動を展開。
現在は多摩美術大学名誉教授を務めるなど日本を代表する映画評論家。
[事業案内]
映画館の経営/イベント、コンサート等の企画、立案および興行/企業広告、宣伝等の企画、立案および制作/CD、DVD書籍等の販売
[資本金]
2億700万円

SAIHOKU CINEMA Corporate profile